RACE REPORT レースレポート

修善寺ロードレースDay2レポート

2018.03.18

修善寺ロードレースDay2レポート

大会名第1回 JBCF 修善寺ロードレース Day2
会場日本サイクルスポーツセンター 8kmコース(右回り)
距離120(8km×15Laps)
出走メンバー高木三千成、トム・ボシス、内野直也、伊藤舜紀、今田崇史、増田弘誠
リザルト1位 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) 3:41:43 Ave32.47km/h
2位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ) +00:38
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +00:38

9位 トム・ボシス +04:09
24位 今田崇史 +05:50
25位 内野直也 +05:50
DNF 高木三千成
DNF 伊藤舜紀
DNF 増田弘誠

レースレポート

昨日の寒さとは一転し、春らしい暖かさが感じられる中でのレースとなった。
昨日に比べ距離が40km延び、120kmへ。
厳しいサバイバルレースが予想されるため、ボシスは自分状態をみながら展開に乗り、内野と高木はタイミングが合えば動く、それ以外の選手は最終局面まで残れるよう集団内で待機してしっかりとポイントを獲得することを目標にレースへ向かう。

若干消極的な作戦と捉えられるかもしれないが、昨日のレースを走った限りでは、これが今後の選手の成長も見据えた最善の方法と考えた。

レーススタートしてからすぐに小山選手(シマノレーシング)、中川選手(VICTOIRE 広島)、青木選手(ACQUA TAMA EURO-WORKS)の3名がアタックし、集団から抜け出す。

2周目にはマトリックスパワータグや宇都宮ブリッツェンといったトップチームの選手たちがメイン集団から飛び出し、逃げている3名にブリッジをかける。この動きに東京ヴェントスからはボシスが対応し、最後まで逃げ切ることとなる集団にチームとして選手を送り込むことに成功する。

さらに3周目には増田選手(宇都宮ブリッツェン)、大久保選手(チームブリヂストンサイクリング)、藤岡選手(VICTOIRE 広島)と共に高木が先頭集団へブリッジをかけようとメイン集団から飛び出す。
しかし、増田選手、大久保選手のスピードについていくことができず、追走集団から高木は遅れてしまう。

増田選手と大久保選手は先頭集団にジョインしたタイミングで、メイン集団から木村選手(シマノレーシング)がブリッジをかけようと飛び出す。
高木、藤岡選手と木村選手は合流し、協調しながら先頭集団との差を詰める。

トップチームが先頭集団に選手を送り込んだこともあり、メイン集団はスローペースでレースを進め、先頭集団から最大で約6分30秒の差がつく。
この日は先頭から7分で降ろされるということもあり、先頭集団に選手を送り込んではいるものの宇都宮ブリッツェンがメイン集団をコントロール。

6周目〜7周目には高木、藤岡選手、木村選手も先頭集団に追いつき、先頭集団は合計で21名となる。
この21名の内訳はマトリックスパワータグから2名、宇都宮ブリッツェンから3名、シマノレーシングから4名、チームブリヂストンサイクリングから2名、那須ブラーゼンから3名、VICTOIRE 広島から2名、イナーメ信濃山形から1名、ACQUA TAMA EURO-WORKSから1名、弱虫ペダル サイクリングチームから1名、そして東京ヴェントスから2名。

9周目に入ると先頭集団の人数が多いこともあり、宇都宮ブリッツェンがアタックを開始。この動きをきっかけに先頭集団が活性化し、高木が先頭集団から遅れてしまう。
さらにホセ選手(マトリックスパワータグ)がメイン集団からアタックし、メイン集団もペースが上がる。
このペースアップで増田がメイン集団から遅れてしまう。

11周目には先頭集団は11名と半分になるが、ボシスはしっかりとこの集団に残る。複数名を有するマトリックス、ブリッツェン、シマノの各チームに対し、ボシスは一人奮闘する。
この周回で伊藤は両足が攣ってしまい、メイン周集団から遅れてしまう。

12周目にはボシス含む3名が先頭集団から抜け出すが、集団も容認せず、すぐに吸収されてしまう。
先頭集団から逃げ出そうとアタックが何回かかかるが決定打にはなかなかならない。
この時点で先頭集団からメイン集団は5分以上差がついており、逃げ切りの可能性が高くなってくる。

13周目にアイラン選手(マトリックスパワータグ)、増田選手(宇都宮ブリッツェン)、岡選手(宇都宮ブリッツェン)、横山選手(シマノレーシング)が先頭集団から飛び出す。結果としてこの飛び出しがこのレースのハイライトとなった。
ボシスも追走しようと集団を積極的に引くが、先頭との差は広がっていく。

最終周で先頭からアタックをかけた岡選手がそのまま独走し、優勝。
2位には増田選手とのスプリントを制したアイラン選手が入った。
東京ヴェントスでは先頭集団に終盤まで残ったボシスの9位が最高位となった。

各選手・監督からのレース後のコメント

トム・ボシス

「昨日の件もあって、レース前に二戸監督と先手を取りに行きたいという話をしていた。ちょうど自分の前で鈴木龍選手(宇都宮ブリッツェン)がアタックしたので、その流れに乗って先頭集団に追いついて逃げることができたのは良かったと思う。しかし、中盤から後半にかけて少しずつ足を削られてしまい、頭を使って何とか集団から落ちないようにしていたが、最終局面の勝負には絡むことができなかった。次戦の群馬はコース内容も変わるため、これからの1か月間でさらにパフォーマンスを上げて去年と同等の結果を残せるように頑張りたいと思う。」

内野直也

「レース序盤でできた大きな逃げには自分も出来れば加わりたかった。チームとしてはトムが逃げに乗ったこともあり、次の展開に備えて集団で足を貯めていたが、差が大きくつきすぎてしまい、次という展開はなかった。しかし、前日に引き続き終盤でメイン集団からも落ちてしまい、まだまだ力が足りないと感じた。次戦の群馬は得意としているコースでもあり、これからの1か月間でしっかりパフォーマンスを上げていきたいと思う。」

今田崇史

「これまでは学生のレースしか走ったことがなく、初めてのJPTのレースはかなり苦しかったが、今日のような展開であれば自分でも走れると感じた。距離が伸びれば伸びるほど自分にとっては有利になると思う。まだ練習を開始してからそこまで日にちは経っていないので、群馬に向けてこれからもパフォーマンスを上げていきたいと思う。」

高木三千成

「増田選手(宇都宮ブリッツェン)や大久保選手(チームブリヂストンサイクリング)と先頭集団へブリッジを仕掛けた時についていくことができれば、もっと足を使わずに先頭集団へ追いつけたのではないかと思う。しかし、これまでブリッジを仕掛けようとしても成功することができなかった中で、今回は成功することができ、大きな収穫だったと思う。また、今回は一定強度でのインターバルが得意ということもわかり、今後に大きく活かせると思う。次戦の群馬ではトレインを組んで勝負するのはチーム力的に難しいかもしれないが、トムや自分でスプリントすることはできると思うので、上位に入れると思っている。」

増田弘誠

「JPTはこれまでのエリートツアーに比べて集団での位置取りなどかなりレベルが高いと感じた。昨日は落車の影響を受けたこともあって、今日は舜紀さんや内野さんの近くにいることを心掛けた。宇都宮ブリッツェンのペースアップについていけなかったこともあり、次戦の群馬に向けてはインターバル能力を向上させたいと思う。」

伊藤舜紀

「今日は補給をうまく取れなかったことなども絡んで両足が攣ってしまい、心拍的には余裕があったが遅れてしまった。しかし、昨年に比べて自分自身の力はついてきていると実感しているので、次戦の群馬に向けていい感覚で終われたと思う。」

二戸監督

「チームの現状を踏まえると、今日のレースは全体的に最善の結果を出せたと思う。トムが勝ち逃げに乗れたことも、高木が追走をかけて追いつくことが出来たこともいい展開に持ち込めたと思うし、今田と内野もしっかり完走できたことは大きな収穫だったと思う。今後のレースはコースプロフィールも変わる、他チームに比べてパフォーマンス的には厳しい部分もあるが、今回のような粘りの走りを続けていくことで、チームとしてレースの展開を動かす事ができるようになると思う。これからもしっかりと選手のパフォーマンスを上げていき、夏頃にはチーム力としてもいい状態にもっていければと思う。」