RACE REPORT レースレポート

那須塩原クリテリウム レースレポート

2018.06.09

第2回 JBCF 那須塩原クリテリウム

大会名第2回 JBCF 那須塩原クリテリウム
会場那須塩原駅前公道特設コース
距離62.1km(2.3km×27Laps)
出走メンバー高木 三千成、内野 直也、伊藤 舜紀、増田 弘誠、古田 潤
レースリザルト1位 ホセ・ビセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ) 1時間25分18秒 Ave43.67km/h
2位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ) +26秒
3位 松田 祥位(EQADS) +26秒
DNF 内野 直也
DNF 高木 三千成
DNF 伊藤 舜紀
DNF 古田 潤
DNF 増田 弘誠

レースレポート

昨年に引き続き、JR那須塩原駅を降りてすぐの道路を封鎖して行われる第2回 JBCF 那須塩原クリテリウム。

翌日の那須ロードレースを含めて、この2日間はS/F地点が最寄駅から徒歩圏内と、Jプロツアーのレースの中でも屈指のアクセスの良さを誇る。

那須塩原駅を背にしてT字を丁度逆さまにしたコースで、直角コーナーが2箇所に180度ターンが3箇所あるが、コースが広いため、ハイスピードなレース展開が予想される。
さらに、集団後方でレースを進めるとインターバルが掛かり続けるため、意図せず集団が少しずつ小さくなり、昨年は1/3の選手しか完走できなかったコースである。

Jプロツアーのレースとしては先月の宇都宮ロードレース以来3週間ぶりのレースとなるが、東京ヴェントスとしては先週のツール・ド・熊野から2週連続であり、翌週からの全日本選手権含めて、連戦が続く期間となっている。

昨年はレース開始前から激しい雨に見舞われたコースだが、レース当日は梅雨入り直後にもかかわらず好天に恵まれ、気温が高い中でのレースとなった。

レースはスタート開始直後からアタックが掛かるが、中間スプリント賞を狙う動きもあって、決定的な逃げが決まらずに最初の中間スプリントを迎えた。

先にも述べた通り、集団後方でレースを続けるとインターバルでかなり脚を削られるコースだが、増田や古田はレース序盤から集団後方から前方へ番手を上げることができず、序盤で集団から千切れてしまう。

さらに、最初の中間スプリント後もトップチームのアシスト選手たちがメイン集団の人数を減らそうとアタックが掛かり続け、レース中盤には伊藤、高木、内野ともにメイン集団から脱落してしまう。

その後、伊藤、高木、内野ともにそれぞれ数名の選手と一緒のグループで走り続けるが、アタックを掛け続けながらハイペースを維持する先頭グループとの差は広がる一方で、残念ながら3名ともにDNFとなってしまう。

レースは終盤に先頭集団で走っていたホセ・ビセンテ・トリビオ選手(マトリックスパワータグ)が集団から単独で飛び出し、そのまま独走で優勝。
2位争いの3名によるスプリントもアイラン・フェルナンデス・カサソラ選手(マトリックスパワータグ)が松田選手(EQADS)、木村選手(シマノレーシング)を抑えて先着し、
マトリックスパワータグがワンツーフィニッシュでレースを終えた。

最終的に東京ヴェントスは全員DNFという結果になってしまったが、今レースで完走できたのは16名と、79名の選手がDNFとなっており、全体を通してサバイバルレースとなった。

各選手・監督からのレース後のコメント(h3)

内野 直也

「去年同様厳しいレースになると予想していた。レース序盤から前々でレースを進めようと位置取りし、逃げに乗ることはできなかったが悪くないポジションで走れていたと思う。
しかし、ハイスピードでレースが進む中で各選手の車間が少しずつ開いてしまい、結果として集団から千切れてしまった。千切れてしまった一方、熊野から引き続き調子は悪くないと感じているので、明日は頑張りたいと思う。」

伊藤 舜紀

「中盤まではいい感触で走れていたが、限界近いレベルまでペースが上がった際に回復が追いつかず、集団から千切れてしまった。もう少し何とか走れたのではないかという思いがあるので、明日は頑張りたいと思う。」

高木 三千成

「中間スプリント賞も狙っていければと思いながらレースに臨んだ。集団後方にいるとそれだけで苦しくなってしまうコースだということは分かっていたので、コーナーでは番手を上げ、直線で少し下げるということを繰り返していた。しかし、集団前方でも中切れが起きたこともあって、遅れてしまった。この土日では日曜日のコースのほうが向いているので、明日は気持ちを切り替えて頑張りたいと思う。」

増田 弘誠

「今週の練習でだいぶ踏めるようになってきたと感じている。今日は苦手なタイプのコースだったこともありDNFとなってしまったが、明日はアップダウンも結構あるので、チャンスがあればどんどんいきたいと思う。」

二戸監督

「このコースは、去年の結果からもかなり完走率が低いと予想していたが、想像以上にサバイバルなレースだった。内野、高木はいい走りができるのではないかと思っていたが、レース内容が想像を上回っていたと感じている。気持ちを切り替えて、明日のレースは頑張りたいと思う。」