NEWS ニュース

全日本選手権2日目(6月29日)

レース

富士スピードウェイにてジュニアとU17+U15カテゴリーのロードレースが行われました。

 

ジュニアカテゴリーに東京ヴェントスの海野選手、長田選手の2名が、U17カテゴリーにVENTOS FRECCIAの塩野選手、江角選手、風間選手の3名が出走。

 

162名が出場したジュニアカテゴリー(119km)では、津田選手が圧巻の逃げ切り優勝を果たし、追走の7名に海野選手が入りましたが、ラスト周回で両足痙攣に見舞われ止まってしまい9位という成績でした。事故から復帰直後の長田選手は、2周を残してDNFとなりましたが、短い期間でここまで復調できたので、次に繋がるレースになったと思われます。

 

U23+U15カテゴリー(64.8km)に出場した3選手。昨日のタイムトライアルで3位入賞した塩野選手は、機材の不具合で本領が発揮できずDNF。序盤の落車に巻き込まれてしまった風間選手と、江角選手もDNFとなりました。

 

今日は、U23カテゴリー(162km)が行われ、VENTOS FRECCIAの小野寺選手、永富選手が参戦しています!

 

Photo by 三井 至 (Itaru Mitsui)