育成プログラム

ヴェントスフレッチャの主な活動内容は、チーム練習、チームイベント、そしてチーム員としてのレース参加です。しかし、選手活躍はそれに限らず、個人練習、そして日常生活の中でも、意識すべきところがたくさんありチーム活動以外の自己管理も重要です。選手生活の基礎を身に着け、トレーニングから選手としての生活まで、自分で管理出来る選手を育てることが、ヴェントスフレッチャ育成プログラムの目的です。


選手条件

・JBCF Jエリートツアーへの選手登録
・チーム練習への積極的参加(水曜日、レースイベントの無い土曜日)
・チームイベントへの参加、協力
・入荷時のチーム規約への同意
・1月から12月までの1年を1クールとして更新をおこなう
  ※アクティブプレーヤーは6ヶ月更新


育成区分

VENTOS FRECCIAは自転車競技選手を志す若手選手と、それを応援するプレーイングサポーターにより構成され、活動スタイルにより、スタンダードプレーヤー、アクティブプレイヤー、トレーニーに分かれます。
スタンダードプレーヤーまたはポジティブプレーヤーで、実績とパフォーマンスが認められた選手は、トレーニー(東京ヴェントスの候補生)に昇格します。



年間必要活動費(概算参考価格)

Jエリートツアー年間登録料 6,000円
JCF競技者ライセンス JCF規定による(一般5,000円、ジュニア3,000円)
チームウェアー代(1ペア) 2,5000円程度
入会費 6,000円(1年)~24,000円(6ヶ月更新制)
Jエリートツアーレースエントリー費 3,240円~6,480円
遠征費 自己負担(トレーニーは一部チーム負担あり)

育成スタッフ
選手育成に携わるスタッフは、ヨーロッパでのレース経験が豊富な2名の外国人コーチ陣。そして東京ヴェントスの選手が育成サポートを行い、総合監督を東京ヴェントスのチームマネージャー兼監督の二戸康寛が努めます。


コーチ1

Tom Bossis 〔トム ボシス〕 フランス

ヨーロッパでプロ選手の生活を数年送った後、2015年、中央大学の交換留学生として来日。2017年にプロ自転車選手の生活へ復帰を決め、東京ヴェントスに加入。日本語堪能。

自転車選手歴
2012-2013年 CR4C Roanne
2014 年          Chambéry CF (AG2R育成下部)
2015 年          Tusnad Cycling Team
2016年    Interpro Cycling Academy

主な成績
9位 フランス選手権
8位 ナショナル年間ランキング (2012年)
地域圏チャンピオン (ローヌ=アルプ地域圏)
優勝 ツール・ド・ラ・カバ、総合ランキング
5位 ツール・オブ・セネガル、総合ランキング


コーチ2

Alexandre Ballet 〔アレクサンドレ バレ〕 スイス

スイスのクラブチームで成績を出し、ティボー・ピノ、アダム・イェーツ、ワレン・バルギルなどを輩出したフランスのDN1チームCC Etupes、そしてスイスのナショナルチームなどに在籍し、ドイツのコンチネンタルチームでトレーニーなどの経験を持つアレクサンドルが2017年末より東京ヴェントスにプレーイングコーチとして加入します。

自転車選手歴
2015 年 Team Hörmann
2016 年 CC Etupes
2017年    Team Exploit – Goomah Bikes
8月より 0711|Cycling (トレーニー)

主な成績
5位 Tour de Tarentaise (GC) Elite France
17位 Flèche du Sud、総合ランキング UCI 2.2
19位 Tour d’Almaty、総合ランキング UCI 2.1
18位Tour of Iran、第4ステージ UCI 2.1